So-net無料ブログ作成
検索選択

サンバーマフラー交換3 [その他]

ようやく何とかサンバーのマフラーを取り外すことができました。

大変でした。

これから取り付けにかかります。

部品はこれ。
IMG_20170422_164558_R.jpg

IMG_20170429_113147_R.jpg

マフラーと遮熱板。

オークションでほぼ同年式のものを調達。

せっかくなので、耐熱スプレーでピカピカにしておきました。

IMGP0184_R.JPG

IMGP0185_R.JPG

ぱっと見は新品に見えなくはないです。

で、取り付けて完成!

IMGP0191_R.JPG

交換作業にほぼ3日も費やしてしまいました。

これでしばらくは大丈夫でしょう。


サンバーマフラー交換2 [その他]

サンバーのマフラー交換です。

まずは、古いマフラーを取り外します。

の、前に遮熱板を外していきます。

が、錆びついて外れません。

IMGP0144_R.JPG

無理に回して初っ端からボルトが折れる事態が発生。

ネジをナメるとかそれ以前に錆がひどくてネジ山の形がありません。

遮熱板を無理やりねじって引き剥がしました。

IMGP0145_R.JPG

IMGP0146_R.JPG

思った以上に大変な作業になりました。

それでも2日がかりでなんとか取り外しできました。

IMGP0165_R.JPG

古い車の整備は大変です。


サンバーマフラー交換1 [その他]

リアバンパーをぶつけた事が契機で発覚したサンバーのマフラーの腐食劣化。

こんな感じにどうしようもない状態です。

IMGP0139_R.JPG

当然、このままでは今年の夏の車検を通すことはできないので、修理を検討していました。

が、かなりの費用がかさむことが判明。

ちょっと連休を利用して自分で直すことにしました。

と、言っても中古品を入れ替えるだけの作業です。

まずは、部品調達。

オークションで可能な限り型式と登録年の同じものを入手。

マフラー(触媒付き)、マフラー遮熱板セット、ガスケットなど。

IMG_20170422_164558_R.jpg

IMG_20170429_113147_R.jpg

とりあえず、部品は調達できた。

さあ、ここからマフラー交換の始まりです。

外して付け替えるだけの作業なのですが・・・

初っ端から苦難が続きます・・・・


ダム湖 [その他]

いつも仕事で通っているダム湖も桜が満開でした。



いい感じです。


桜満開 [その他]

先日行ってきた現場では、ちょうど桜が満開でした。



仕事であちこち行くのは大変ですが、こういう楽しみもちょっとあります。

少し得した気分になります。


ツクシ畑 [現場の一コマ]

IMGP0100_R.JPG

これも現場の春の風物詩

ツクシ畑です。

畦道いっぱいにツクシが乱立しています。

いつのまに大きくなっているのでしょうかね?


残雪 [現場の一コマ]

この時期現場に出ると、雪山の名残りがいたるところでみることができます。

IMGP0047_R.JPG

先月までの雪景色が嘘のような気もします。

もうしばらくすれば、今度は暑い日々が始まります。

どっちも大変ですが、こういう景色に少し救われます。




木の名前 [その他]

薪になる木の名前くらいは覚えなきゃ、ということでいろいろ教えてもらいました。

と、言っても一度にたくさんは覚えられないので、今回はこの2種類。

IMG_20170422_180403_R.jpg

左の青っぽいつるつるした樹肌のものがアラカシ、右の赤ぽいのがヒサカキ

どちらも常緑樹です。

もちろんちゃんと乾かせば立派な薪になります。

チェーンソー [その他]

私が薪の調達に使用しているチェーンソーリョービ製です。

ホームセンターで型落ち品として3万5千円くらいで手に入れたはず。

とりあえず手始めに使ってみるサイズとしては十分だと思っていました。

あれから5年位使っていますが、今でも現役でバリバリに活躍しています。

玉切りにすることがメインなので、このサイズで十分です。

今回、一緒に手伝ってくれた人が持っていたチェーンソーはハスクバーナー製。

IMG_20170422_115407_R.jpg

こっちの方が排気量が少し大きい。

ちょっとだけ羨ましい。

次に買う時には考えます。




薪集めキャタピー一輪車 [その他]

今回の薪集めにちょっとだけ活躍したのが、これです。

キャタピラ一輪車。



小型動的貫入試験PENNYを運搬するときにちょくちょく登場しているヤツです。

森の中にはちょっとした道ができていたので、十分走行することができました。

直径10cm、長さ80cmの薪を5、6本を一度に運べます。

ちまちま手で運んでもできなくはないですが、少しでも楽できた方がありがたいです。