So-net無料ブログ作成
検索選択

土壌水分計再設置 [土と水について]

今年から使い始めた新しい土壌水分計の調子が悪くなりました。

原因はよくわからず、結局メーカーさんに交換してもらうことになりました。

新しいセンサーが届いたので、交換します。

IMGP0001_R.JPG

IMGP0003_R.JPG

先日の台風の時のデータが取りたかったのですが、一歩遅れました。

自然環境の観測は、待ったなしなので厳しいです。


nice!(2)  コメント(0) 

スウェーデン試験とPENNYの比較 [土と水について]

スウェーデン試験と小型動的貫入試験機PENNYの試験結果の比較です。

SW-PENNY.jpg

どちらもほぼ同じ場所で実施しています。

こうして並べてみると、スウェーデン試験の結果の方が換算N値が大きく出ていることがわかります。

ここの地盤は砂質土からレキ質土主体なので、こういう結果になっていると思います。

そもそも試験機の要となる先端部分の形状が異なるので、一概に比較することには無理があります。

スウェーデン試験機の先端(回転による貫入)
P8030065_R.JPG

PENNYの先端(打撃による貫入)
IMGP5585a.jpg

もっと軟弱なところでは、もう少し相関性も変わってくると思います。

いずれにしても地盤調査をするときには、その地盤の特性を見極めて、適正な試験方法を用いることが大切です。

「何でもかんでもスウェーデン試験」では、それは本来の目的を果たすための調査ではありません。ただの記録です。

nice!(2)  コメント(0) 

PENNYとスウェーデン試験の比較1 [土と水について]

先日のスウェーデン試験結果ですが、過去にほぼ同じ場所でPENNYを実施しています。

その結果がこちら。

コーン貫入試験結果-2.jpg

深さ7mくらいまではN値5以下の緩い締りの地層が分布していることがわかります。

一方の先日のスウェーデン試験の結果がこちら。

SAWAsws2000-3_R.jpg

3m付近までは緩い締りの砂層で同じような感じなのですが、その下はN値10回程度の礫質土となっています。

このあたりで少し、PENNYとスウェーデン試験の結果にズレが生じています。

一方は30kgのハンマーによる打撃、一方はスクリューポイントによる回転による貫入、この違いが結果に現れていると思います。


nice!(3)  コメント(0) 

スウェーデン試験結果 [土と水について]

事務所の横で実際にスウェーデン試験機を行った結果です。

SAWAsws2000-3_R.jpg

表層部は締まった砕石ですが、その下にはN値2程度の緩い砂層が存在します。

3m以深は砂礫層が分布しています。

とりあえず、予想通りの結果がでました。

この場所は、もともと盛土したところなので想定内です。


nice!(2)  コメント(0) 

長靴 [その他]

仕事用に新しい長靴を買いました。



私は昔からアキレスの長靴しか使いません。

日本製です。

この長靴でゴムの劣化などによる水漏れが生じたことは一度もありません。

いつも交換するときは、足底が磨り減ってツルツルになった時だけです。

素晴らし耐久性だと思います。

値段は多少高いですが、安物を何回も買い直すよりは、ずっと良いです。


nice!(2)  コメント(0) 

ホームセンター [その他]

近所のホームセンターが改装していました。

商品の配列を変えただけですが。

近くの大型ホームセンターがリニューアルオープンしたので、その対抗かもしれません。

いつもと同じような商品の顔ぶれでしたが、金具コーナーが充実していました。

アンティーク風なフックや丁番などが綺麗に展示してあります。



これはいろいろ我が家でも使えそうです。

とりあえず、ひとつ買わせてもらいました。

ちょっと楽しみが増えました。


nice!(2)  コメント(0) 

スウェーデン試験機 [土と水について]

先日、弊社にやってきたスウェーデン試験機です。

メンテナンスも完了して、実戦投入も決まりました。

いきなり実戦も不安なので、ちょっと事務所の駐車場で予行練習です。

スウェーデン試験機をセットした状態です。

P8020026_R.JPG

ロッドの先端にはスクリューポイントが取り付けてあります。

P8030065_R.JPG

おもりを載せない状態で、台とモーターで25kgになります。

P8010004_R.JPG

P8010005_R.JPG

ここに順番におもりを載せていき最終的に100kgとします。

P8020028_R.JPG

100kg載せても沈下しない場合は、ロッドを回転させていきます。

回転はモーターの力を利用します。

半回転する回数をカウントすることで地盤の強度を推定していきます。

うちの敷地内の地盤だとレキ混じり土になるので、さすがに厳しいですが、それでもGL-4mまでは貫入することができました(これはこれで問題ですが、、、)。

とりあえず、試験機としては十分機能することが確認できました。

いよいよ実戦投入です。

nice!(2)  コメント(0) 

タマムシ [その他]

庭先に怪しく光る昆虫発見

タマムシですね。

IMG_20170801_124627_R.jpg

覗いていると飛び立ちました。

IMG_20170801_124630_R_R.jpg

なんだかどんくさそうな飛び姿です。

IMG_20170801_124631_edit_R.jpg

フラフラ飛んで、柱に到着。

IMG_20170801_124640_edit_R.jpg

ふ~、やれやれ。って感じです。

ベンチ塗装 [その他]

土間にあったベンチを玄関先に置くことにしました。

畳が敷いてあり和風な感じが気に入っていたのですが、外の雰囲気に併せて塗り直しました。

IMG_20170730_142254_R.jpg

IMG_20170730_160745_R.jpg

いい感じの存在感がでました。

このベンチに支柱をとりつけて門の柱に利用します。


ポーチ屋根の扉 [かまがみの家プロジェクト]

ポーチ屋根に柵を取り付けました。

この柵に扉を取り付けます。

以前、ご近所さんから不要となったアルミの柵を有効利用します。

稼働ジョイント部を流用して開閉部のヒンジにしました。

IMG_20170729_145223_R.jpg

立派な扉の完成です。

耐久性は怪しいですが、そんなに開け閉めする機会は無いので気にしません。

これで、ポーチ屋根下の柵の部分は完全にクローズすることが可能となりました。

IMG_20170729_145235_R.jpg

IMG_20170729_145134_R.jpg

ミニドックランとして利用できます。

ご老体となった愛犬の運動不足解消に役立つでしょう。