So-net無料ブログ作成
検索選択

チェーンソー [その他]

私が薪の調達に使用しているチェーンソーリョービ製です。

ホームセンターで型落ち品として3万5千円くらいで手に入れたはず。

とりあえず手始めに使ってみるサイズとしては十分だと思っていました。

あれから5年位使っていますが、今でも現役でバリバリに活躍しています。

玉切りにすることがメインなので、このサイズで十分です。

今回、一緒に手伝ってくれた人が持っていたチェーンソーはハスクバーナー製。

IMG_20170422_115407_R.jpg

こっちの方が排気量が少し大きい。

ちょっとだけ羨ましい。

次に買う時には考えます。




薪集めキャタピー一輪車 [その他]

今回の薪集めにちょっとだけ活躍したのが、これです。

キャタピラ一輪車。



小型動的貫入試験PENNYを運搬するときにちょくちょく登場しているヤツです。

森の中にはちょっとした道ができていたので、十分走行することができました。

直径10cm、長さ80cmの薪を5、6本を一度に運べます。

ちまちま手で運んでもできなくはないですが、少しでも楽できた方がありがたいです。


森の手入れと薪集め [その他]

放置された森の手入れを兼ねた薪集めをしてきました。

こんな感じのちょっとうっそうとした森が対象です。



素人なので大木は無理ですが、腕の太さくらいのものであればなんとななります。

みんなで切り倒しては運び出して、玉切りします。



太いのにも挑戦。



なかなか大変な作業でしたが、助っ人もいてくれましたので、無理なくやりきることができました。

で、収穫です。



そんなに大量に取れるわけではないのですが、森林整備にも貢献できて、いい汗かいて、一日楽しく過ごせました。

こういうのもありだと思います。


花桃 [その他]

庭先に植えた花桃が花を咲かせました。

手入れも何もしていない過酷な環境ですが、立派に育っています。




サンバーマフラー腐食 [その他]

サンバーのリアバンパーを補修していて気がついたのですが、マフラー自体に腐食が進行していました。

IMG_20170418_145032_R.jpg

よくみると本来二重管になっているはずのところが、内側の管が存在していません。

と、いうか外側の管もすでに激しく腐食していてすでに円筒管の形状を維持していません。

ちょっと恐ろしい状態です。

このまま走り続ければ、近いうちにマフラーごと落下!なんて自体にもなりかねません。

林道なんかアタックしてガタゴトやってる場合ではありません。

早急に対策を考えます。


サンバーリアバンパー修復 [その他]

私の不注意で凹ませたサンバーのリアバンパーですが、当面の応急策として素人板金をしました。

サンバーのリアバンパーは二重構造になっているので、普通はそのまま板金できません。

けど、叩きました。

内側の薄い鉄板ごと。

・・・・・・。

叩いた所はスプレーで塗り直して完成。

とりあえず、リアハッチの開閉には問題なし。

この状態が、、、


ここまでに修復できました。


なんとかなるもんです。

見栄えはイマイチですが、まあ良しとしましょう。

アンドロイドカーナビアップデート [その他]

サンバーに取り付けたアンドロイドカーナビのOSアップデートをしました。



今まで電源OFFからの立ち上がり、1、2秒でできたり、ゼロからの再起動(30秒)になったりと安定していませんでしたが、アップデートにより、この現象がなくなりました。

車の電源ONですぐに立ち上がります。

相変わらずGPSの反応が悪いためカーナビが起動するのに時間がかかりますが、山の中でなければ1分くらいで反応し始めますので、問題はありません。

ようやく、使えるレベルになってきました。


桜満開 [その他]

神社の桜もそろそろ見納めです。



道路沿いの桜のトンネルも今がピークです。



うちの庭の桜もちょうど満開



花見シーズンも今週で終わりそうです。

ハンドルテーブル [その他]

IMG_20170411_100609_R.jpg

車のハンドルに取り付ける簡易テーブルです。

細長く空いた穴の部分をハンドルの下側に引っ掛けて使います。

車の中でご飯を食べるときなどに重宝します。

サンバーに取り付けた場合、きちんと水平にはなりませんが、なんとか実用に耐えうるという感じです。

取り付けも簡単ですし、コンパクトに上部の棚に収まってしまうので使い勝手は良さそうです。

お昼の楽しみが増えました。


桜満開 [その他]

近くの神社の桜も一気に満開となりました。



神社へ続く道も綺麗に満開です。



せっかくの満開ですが、天気がイマイチなのが残念。