So-net無料ブログ作成
土と水について ブログトップ
前の10件 | -

酸素濃度計 [土と水について]

現場で井戸の中の酸素濃度を測る機会がありましたので、酸素濃度計を準備して測定してみました。

昔ながらの掘り抜き井戸なので、基本的に開放されているため酸素濃度も問題ありません。

PA030358.JPG

通常の状態であれば酸素濃度は21%程度となります。

作業場所における酸素濃度は18%以上に保たなければなりません。

16%を下回ると頭痛や吐き気などの症状が出始め、10%以下で意識不明となってしまいます。


nice!(2)  コメント(0) 

出前講座 [土と水について]

小学校6年生を対象に理科の出前講座に行ってきました。

PA060537.JPG

講座の内容は地形や地質について。

基本的な話から自分たちの住んでいる身近な地形や地質について話をしてきました。

話だけでは面白くないので、地層のでき方の実験やボーリング調査の標本、砂の粒径の違い、液状化の実験なども体験してもらいました。

子供たちも最初は不審そうに話を聞いていましたが、土のサンプルなどを手にとって見ると興味津々でいろいろな質問をしてきました。

PA060518.JPG

DSCN3462.JPG

みんな楽しんで学習できたようでホッとしています。

また機会があれば、出前講座をやりたいと思います。


nice!(2)  コメント(0) 

レゴで液状化実験 [土と水について]

昨日のレゴで作った液状化実験装置です。

実際に動かしてみました。



ちゃんと液状化して、マンホールに見たてたタレビンが浮かび上がってきます。

実験成功ですが、これを子供たちに見せると、レゴの方に目がいくからダメかも。


nice!(2)  コメント(0) 

液状化の実験 [土と水について]

液状化の実験をしてみました。

子供たちに簡単に体験してもらうために簡易な装置を作ってみました。

100円ショップで買ってきた容器に砂と水を入れて地盤を作ります。

IMG_20171008_200914.jpg

ボルトとタレビンを電柱とマンホールに見立てて揺すります。

うまく揺すればあっという間に液状化します。

IMG_20171008_201128.jpg

ボルトは沈み込んでタレビンは浮かび上がってきます。

実際に見てみるのが一番です。

ちなみに振動台はレゴで作ってみました。

IMG_20171008_200929.jpg



nice!(2)  コメント(0) 

化石標本 [土と水について]

化石の標本を手に入れました。



子供たちに見せるためにまとまったものが欲しかったのですが、ちょうど良さそうな物があったので買ってみました。

コンパクトにまとまっていて、年代は特徴も記載されているので、わかりやすそうです。

化石自体は小さいですが、すべて本物です。

もう少し大きのも欲しくなります。


nice!(2)  コメント(0) 

地層の作り方実験 [土と水について]

地層のでき方の実験してみました。

水を入れた透明な円筒管に砂を投入します。

砂の粒の大きいものから順に落下して堆積し始めます。

落ち着いたところで、もう1回砂を投入。

さらにもう1回投入して出来上がり。

IMG_20171001_190041.jpg

ちゃんと粗粒なものから細粒のものが綺麗に堆積していることがわかります。

実際の地層はこのように単純ではありませんが、イメージとしてはつかみやすかなと思います。

nice!(2)  コメント(0) 

砂の標本 [土と水について]

砂の標本を作ってみました。

レキ、粗砂、中砂、細砂

それぞれ違いがよくわかると思います。



触ってみるのが、一番。


nice!(2)  コメント(0) 

三角堰による流量観測 [土と水について]

土壌水分観測を実施している調査地点の下流側で三角堰を用いた流量観測を行っています。

先日の台風の後に見に行くと、案の定、落ち葉が堆積していて堰の機能を果たしていませんでした。

IMGP0005_R.JPG

堰板の背面にある網の目が少し細かすぎるのかもしれません。

大きな枝葉は上流側の柵で止まっているようなので、堰板の近くはもう少し荒くしておいたほうが、うまく詰まらずに流れてくれるかもしれません。

試行錯誤が必要です。

なにか良いアイデアはないかいしら。

nice!(2)  コメント(0) 

土壌水分計再設置 [土と水について]

今年から使い始めた新しい土壌水分計の調子が悪くなりました。

原因はよくわからず、結局メーカーさんに交換してもらうことになりました。

新しいセンサーが届いたので、交換します。

IMGP0001_R.JPG

IMGP0003_R.JPG

先日の台風の時のデータが取りたかったのですが、一歩遅れました。

自然環境の観測は、待ったなしなので厳しいです。


nice!(2)  コメント(0) 

スウェーデン試験とPENNYの比較 [土と水について]

スウェーデン試験と小型動的貫入試験機PENNYの試験結果の比較です。

SW-PENNY.jpg

どちらもほぼ同じ場所で実施しています。

こうして並べてみると、スウェーデン試験の結果の方が換算N値が大きく出ていることがわかります。

ここの地盤は砂質土からレキ質土主体なので、こういう結果になっていると思います。

そもそも試験機の要となる先端部分の形状が異なるので、一概に比較することには無理があります。

スウェーデン試験機の先端(回転による貫入)
P8030065_R.JPG

PENNYの先端(打撃による貫入)
IMGP5585a.jpg

もっと軟弱なところでは、もう少し相関性も変わってくると思います。

いずれにしても地盤調査をするときには、その地盤の特性を見極めて、適正な試験方法を用いることが大切です。

「何でもかんでもスウェーデン試験」では、それは本来の目的を果たすための調査ではありません。ただの記録です。

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 土と水について ブログトップ