So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

近接センサー付きカウンター [その他]

ネットで近接センサー付きのカウンターを見つけたので買ってみました。

IMG_20170812_234948_R.jpg

センサーの先端に金属片が近づくとカウントされます。

いろいろなモノの計測に使えそうです。

とりあえず、動作チェックしています。

安物ですが、ちゃんと動いているようです。

nice!(1)  コメント(0) 

サファリパーク [その他]

嫁さんの実家に帰省しています。

ここを拠点にちょっと足を伸ばして姫路セントラルパークに行ってきました。

ここには車で周ることができるサファリパークがあります。

もちろん、行ってきました。

自分の車で園内を巡回します。

園内には動物たちが自由に動き回っています。

さすがに肉食動物と草食動物とはエリア分けがしてあります。

肉食動物のエリアではライオンやチーターがくつろいでいました。





間近で見るライオンは圧巻です。

草食動物エリアではシカたちが自由気ままに歩き回っていました。





一周一時間ほどのコースでしたが、なかなか見応えのある内容でした。

他にも園内を歩いて周る動物園も充実して良い感じでした。

他の動物園とは違い、動物達との距離が近く、身近に感じることもできる素敵なところでした。

動物好きにはオススメです。


nice!(2)  コメント(0) 

自転車ラック [その他]

土間に置いてある自転車がどうにも収まりが悪いです。

ホームセンターでちょうど良いラックを見つけたので、購入して取り付けてみました。



壁面に引っ掛けるタイプです。

なんだかとってもおしゃれな感じになりました。

取り付けるのも、ヒョイと持ち上げて引っかけるだけなので簡単です。

スペースの有効利用です。

nice!(2)  コメント(0) 

ホース掛け [その他]

庭先のポーチの柱にフックを取り付けました。



ホームセンターで新しく充実された壁面収納コーナーで良い感じのモノを見つけたので購入しました。

こんな感じで収まります。



ホースシャワーもちょうどいい感じにはまります。



手洗いにも使えそうです。


nice!(2)  コメント(0) 

トウモロコシ [その他]

現場の道中で買った無料販売所のトウモロコシ

IMG_20170812_132217_R.jpg

せっかくなので、炭火で焼きとうもろこしにしました。

IMG_20170812_133018_R.jpg

もちろんそのまま茹でただけでも十分美味しいのですが、こんがり焼けた醤油味がよりいっそう旨さを引き上げます。

しかも贅沢に一人一本。

豪華なお昼ごはんでした。

nice!(2)  コメント(0) 

犬のシャンプー [その他]

我が家の愛犬もご老体になってきてます。

最近は皮膚が弱くなってきたので、毎週シャンプーすることになりました。

もともと洗われることはきらいではないので、問題ないのですが、

使うシャンプーは家族の誰よりもお高い高級なモノ。

しっかり洗ってやるからね。




nice!(2)  コメント(0) 

三角堰による流量観測 [土と水について]

土壌水分観測を実施している調査地点の下流側で三角堰を用いた流量観測を行っています。

先日の台風の後に見に行くと、案の定、落ち葉が堆積していて堰の機能を果たしていませんでした。

IMGP0005_R.JPG

堰板の背面にある網の目が少し細かすぎるのかもしれません。

大きな枝葉は上流側の柵で止まっているようなので、堰板の近くはもう少し荒くしておいたほうが、うまく詰まらずに流れてくれるかもしれません。

試行錯誤が必要です。

なにか良いアイデアはないかいしら。

nice!(2)  コメント(0) 

土壌水分計再設置 [土と水について]

今年から使い始めた新しい土壌水分計の調子が悪くなりました。

原因はよくわからず、結局メーカーさんに交換してもらうことになりました。

新しいセンサーが届いたので、交換します。

IMGP0001_R.JPG

IMGP0003_R.JPG

先日の台風の時のデータが取りたかったのですが、一歩遅れました。

自然環境の観測は、待ったなしなので厳しいです。


nice!(2)  コメント(0) 

スウェーデン試験とPENNYの比較 [土と水について]

スウェーデン試験と小型動的貫入試験機PENNYの試験結果の比較です。

SW-PENNY.jpg

どちらもほぼ同じ場所で実施しています。

こうして並べてみると、スウェーデン試験の結果の方が換算N値が大きく出ていることがわかります。

ここの地盤は砂質土からレキ質土主体なので、こういう結果になっていると思います。

そもそも試験機の要となる先端部分の形状が異なるので、一概に比較することには無理があります。

スウェーデン試験機の先端(回転による貫入)
P8030065_R.JPG

PENNYの先端(打撃による貫入)
IMGP5585a.jpg

もっと軟弱なところでは、もう少し相関性も変わってくると思います。

いずれにしても地盤調査をするときには、その地盤の特性を見極めて、適正な試験方法を用いることが大切です。

「何でもかんでもスウェーデン試験」では、それは本来の目的を果たすための調査ではありません。ただの記録です。

nice!(2)  コメント(0) 

PENNYとスウェーデン試験の比較1 [土と水について]

先日のスウェーデン試験結果ですが、過去にほぼ同じ場所でPENNYを実施しています。

その結果がこちら。

コーン貫入試験結果-2.jpg

深さ7mくらいまではN値5以下の緩い締りの地層が分布していることがわかります。

一方の先日のスウェーデン試験の結果がこちら。

SAWAsws2000-3_R.jpg

3m付近までは緩い締りの砂層で同じような感じなのですが、その下はN値10回程度の礫質土となっています。

このあたりで少し、PENNYとスウェーデン試験の結果にズレが生じています。

一方は30kgのハンマーによる打撃、一方はスクリューポイントによる回転による貫入、この違いが結果に現れていると思います。


nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ