So-net無料ブログ作成

はげ山地帯 [土と水について]

IMG_20170524_135130_R.jpg

以前にも紹介しましたが、生態水文学研究所赤津研究林で見られる「はげ山地帯」です。

もともと瀬戸市の森は薪炭林として伐採しつくされており、見渡す山という山はこんな感じのはげ山であったとされています。

IMG_20170524_135137_R.jpg

その山の植生がずいぶんと回復し、いま見られるような森になってきています。

こんなはげ山だらけであれば、ひと度雨が降れば一気に土砂が流出してしまいます。

下流域の被害も相当あったものと想像されます。


小流域の流量観測 [土と水について]

小流域の流量観測は、水の量が少ないため通常の手法では困難です。

普段はごくわずかな流量でもひと度雨が降れば、あっという間に水量が増加します。

ここ生態水文学研究所の赤津研究林には、少ない水量から多いところまで精度良く測る工夫がにありました。

通常、沢に三角堰を作り、そのの越流水深を計測します。

三角堰の形状は一般的には直角三角形をしています。

生態水文学研究所では、この部分が直角三角形ではなく、かなり鋭角に、しかも切り込みがかなり深くなっています。

IMG_20170524_132612_R.jpg

この形状であれば、少ない水量も増水時にも対応できそうです。

さすがに歴史のある観測施設です。

あちこちに様々な工夫が凝らされています。

昔の研究者たちの試行錯誤が目に浮かびます。




生態水文学研究所 [土と水について]

愛知県瀬戸市にある東京大学の演習林「生態水文学研究所」の赤津研究林にお邪魔してきました。

ここでは90年近く流量観測や気象観測のデータが蓄積されており、現在も観測を続けている歴史のある施設です。

その代表的な施設が「白坂量水堰」

IMG_20170524_125955_R.jpg

猿投山の北麓を流域とする河川の水量を1929年より1日も休まず観測を続けています。

複数の四角堰で構成されており、低水時から高水時まで正確に流量を観測できるように工夫されています。

とても歴史のある立派な観測施設です。

見ていても風格があり、何回見ても飽きません。

ポーチ計画 [かまがみの家プロジェクト]

軒下のスペースを有効に使うためポーチを製作しようと思います。

いつもは日よけタープをかけていますが、雨のときは吹き込んでくるので、イマイチです。

屋根つきのポーチにすれば、全天候対応となり、外でみんなとご飯を食べる時も天気を気にしなくてすみます。

と、いうわけでいろいろ考え中です。




竹薮整備 [その他]

自宅の裏の竹薮をまた整備しました。

これが最後になります。

先日、手を入れたさらに奥を整備します。

こんな感じでうっそうとしたところでしたが、



頑張ってここまで明るくなりました。



実際、竹だけではなくツルがかなり繁殖していて竹薮を覆いつくしていました。

とりあえず、となりのご近所さまの家の形がわかる程度までは見通しが効くようになりました。

風通しもよくなることでしょう。

とりあえず、10年以上放置されていた竹やぶがスッキリしました。

あとは定期的に草刈りをしていけば、維持できるはず。

やれやれです。


PENNYでサンプリング [土と水について]

先日、湿地で小型動的貫入試験PENNYを実施した際に、試験的にサンプリングを行ってみました。

貫入試験で一度開けた試験孔にサンプラーを打ち込んで、引き上げてみました。

乱れた状態でのサンプリングですが、それっぽい土質試料を採取することができました。

サンプラーで回収した試料です。

IMGP0050_R.JPG

何には均一な砂質土が入っていました。

P5230007_R.JPG


まだまだPENNYを使ったサンプリングには課題がありますが、貴重な経験となりました。

今後のサンプラーの改良に役立てたいと思います。


湿地でPENNY [土と水について]

湿地の地盤構成を把握するためにPENNYを用いて貫入試験を実施しました。

ぬかるんだ状態では、大掛かりな機械の搬入は困難なのでPENNYのような小型のモノが活躍します。

P5230016_R.JPG

機械さえセットしてしまえば、後はいつもどおりに貫入試験を行うことができます。

湿地の表層部の軟弱層の下位がどのような地層構成になっているかを確認することができました。

ここまでは、良かったのですが、問題はロッドの引き抜き作業です。

ぬかるんだ状態では足元に力が入らず、かなり苦労してようやく引き抜くことができました。

全身ドロドロ状態。

大変な現場でしたが、貴重なデータを得ることができました。

銅鍋3兄弟 [その他]

ご近所さまから銅の鍋3セットの中古品をいただきました。



かなり巨大なサイズです。

とあるホテルで天ぷら鍋に使用されていたそうです。

使い道はこれから考えます。

田植え [現場の一コマ]

IMGP0256_R.JPG

現場に出かけた先のあちこちで田植えが始まっています。

みなさん忙しそうに走り回っています。

そんなところでバケツを持ってウロウロするのはちょっと恐縮です。

邪魔にならないよう速やかに作業を済ませて退散します。


四角いバケツ [現場の一コマ]

流量観測で堰堤などからの流出水を測定する場合、壁面に沿って水が流れているため、うまく測定できないことがあります。

こんな時は四角いバケツがあると便利です。

IMGP0029_R.JPG

私の場合は、四角い大きめの「ちりとり」を利用しています。

これだと壁面に密着させることができるので、漏れなく水をキャッチすることができます。

いろいろな道具を駆使して、現地観測を行います。