So-net無料ブログ作成
検索選択

土壌水分計の校正 [土と水について]

新型の土壌水分計の動作チェックと校正、あわせて旧機種のチェックも行いました。

現地で試料を採取して、乾燥器で完全に乾燥させた状態の試料を容器に詰め込みます。

これを水分率0%とします。

IMGP0010_R.JPG

そこから徐々に水を追加して、その時のセンサー値を確認していきます。

0%は問題なしでした。

そこから水を追加していくのですが、試料に均一に水が浸透してきません。

IMGP0018_R.JPG

このため、センサー値にバラつきが生じてしまい、うまく校正することができませんでした。

細粒分の多い土の場合は、工夫が必要になりそうです。

うーん、現地の試料を何箇所か採取して確認したほうが良いかもです。