So-net無料ブログ作成
検索選択

収縮チューブ [仕事のあれこれ]

電気工作の時になにかと重宝する「収縮チューブ」です。

IMG_20170329_165945_R.jpg

配線などを処理する際に絶縁のために使うことが多いです。

熱で温めると収縮して綺麗に収まります。

見た目もスッキリするのでおすすめです。

ただし、金具などを取り付ける前にあらかじめ収縮チューブをセットしておかないといけません。

後から入れようと思っても金具が邪魔で入りませんから。

先端コーン [仕事のあれこれ]

IMG_20170327_172909_hdr_R.jpg

小型貫入試験機PENNYの先端コーンです。

試験終了時に先端コーンは地面の中に置き去りにされてしまうので、使い捨てになります。

このため常に一定量のストックを持っていないといけません。

当初、200個近くあった在庫もそろそろ底が見えてきたので、今回新たに製作してもらいました。

IMG_20170327_172844_hdr_R.jpg

並べてみると綺麗です。


雪崩事故 [仕事のあれこれ]

栃木県で雪崩による痛ましい事故がありました。

IMG_20170328_170633_R.jpg

私も仕事柄、いつ雪崩に遭遇してもおかしくはない場所にいたので、他人事ではありません。

ここなら大丈夫でしょ。と、言う感覚は可能な限り排除しておくことが必要な気がします。

次に行く機会があれば、それなりに準備を整えようと思います。

忘れてしまわないようにブログにアップしておきます。



多項目水質分析計 [土と水について]

ポータブルタイプの多項目水質分析計です。

DSCN2728_R.JPG

いろいろな試薬を使うことで簡易的に水質を計測することができます。

パックテストなどもありますが、こちらは具体的な数値がでるので、より実用的です。

今回も気になるところがあったので、鉄を分析してみました。

パックテストで見ると0.5以上1.0mg/L未満といったところです。

P3130094_R.JPG

実際にこの分析器で計測すると0.6mg/Lと具体的な数値で見ることができました。

P3130096_R.JPG

水道水基準では鉄は0.3mg/L以下とされていますので、ここの水は鉄がちょっと多いということになります。

他にもいろいろな項目を測定することができるので、便利です。

ただ、その都度試薬を準備しなくていけないので、それが難点です。


ふきのとう [現場の一コマ]

雪解けの足元にはしっかりと春の兆しが現れています。

DSCN2781_R.JPG

ふきのとうの芽が顔を出していました。

しっかりと春がやってきているのがわかります。


廃品回収 [その他]

倉庫整理をしています。

もう使わなくなった不要なものが溢れているので、まとめて処分しました。

サンバーいっぱいに積み込んで運び込みます。



これで少しはすっきりします。


和菓子 [その他]

先日、岐阜に出かけた時にお土産で買ってきました。

本当は、水まんじゅうが欲しかったのですが、季節的にまだ早かったです。

代わりに選んできたのが、この「ティラミス大福」です。



和菓子に似つかわしくない名前ですが、お店のイチオシだったので買ってみました。

食べた結果は、「美味い!」の一言です。

洋菓子風になりがちですが、外側のお餅のしっとり感と上品な甘さが、和菓子としての存在を主張しています。

和菓子大好きな私としては、大満足です。

次は、水まんじゅうも食べたい。


残雪 [現場の一コマ]

まだまだ雪山です。

日当たりの良いところは雪も溶けかけていますが、中途半端に残っていてかえって厄介です。

吹き溜まりの所にはいるとズボッと埋まったりします。

こんな足場の悪い斜面では、特に怖いです。

DSCN2732_R.JPG

いつもより慎重に行動する必要があります。

時間も気も使いますので、疲れます。


雪崩2 [現場の一コマ]

もうひとつ雪崩です。

P3170329_R.JPG

この下に観測機器が埋まっているはずです。

多分、押し流されていると思われますが、どこにどうなっているかは全く不明です。

どうしようもありませんので、データ回収は諦めました。

雪解けを待って回収に来るしかなさそうです。

うーん、困った。


雪崩 [現場の一コマ]

3月に降った雪のせいで現場は大変でした。

雪が残っているのは想定内ですが、そうでないのは雪崩。

ここも観測箇所が雪崩で埋まっていました。

雪崩の厚さは5m以上あります。

この下に観測ポイントがあるはずのなのですが・・・

P3160267_R.JPG

とても人力で掘り出せるレベルではありません。

諦めましょう。

この様子だと4月も無理かもしれません。