So-net無料ブログ作成

スウェーデン試験とPENNYの比較 [土と水について]

スウェーデン試験と小型動的貫入試験機PENNYの試験結果の比較です。

SW-PENNY.jpg

どちらもほぼ同じ場所で実施しています。

こうして並べてみると、スウェーデン試験の結果の方が換算N値が大きく出ていることがわかります。

ここの地盤は砂質土からレキ質土主体なので、こういう結果になっていると思います。

そもそも試験機の要となる先端部分の形状が異なるので、一概に比較することには無理があります。

スウェーデン試験機の先端(回転による貫入)
P8030065_R.JPG

PENNYの先端(打撃による貫入)
IMGP5585a.jpg

もっと軟弱なところでは、もう少し相関性も変わってくると思います。

いずれにしても地盤調査をするときには、その地盤の特性を見極めて、適正な試験方法を用いることが大切です。

「何でもかんでもスウェーデン試験」では、それは本来の目的を果たすための調査ではありません。ただの記録です。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。