So-net無料ブログ作成
検索選択

発電機メンテナンス [仕事のあれこれ]

スウェーデン試験機を作動させるために100Vの電源が必要です。

電源があるところであれば問題ないのですが、ない場合は発電機が必要となります。

うちにある発電機を久しぶりに引っ張り出してみました。

IMG_20170701_171120_R.jpg

試運転しようとした所、うんともすんとも言いません。

いろいろ調べてみて結局キャブレターの詰まりが疑わしいことになりました。

さっそくバラしてみると、、、

IMG_20170701_162350_R.jpg

やはりキャブレター内に古いガソリンが残っておりメインジェットが詰まっていました。

IMG_20170701_163451_R.jpg

これではエンジンはかかりません。

綺麗にクリーナー洗浄して、組み上げました。

再びエンジン始動で、すんなりかかりました。

これで電源の心配もなくなりました。

しばらく使わない時はキャブレターのガソリンも抜いておくことが必須ですね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。