So-net無料ブログ作成

標準貫入試験の改定2013 [土と水について]

地盤調査の基本項目である標準貫入試験がISOの波にのまれて改定されたそうです。

サンプラーの先端部の刃先肉厚が1.16mmから1.6mmと厚くなっています。

当然、刃先の薄いものより肉厚のモノの方が抵抗は大きくなりますので、いままでのN値とは異なった値になるはずです。

と、いうことはいままでのN値は使えない?ってことになりそうですが・・・

その対応策として今までの貫入試験での方法で得られたN値は「設計に用いるN値」という表現を使うことにしたそうです。

「設計に用いるN値」=今までの貫入試験で得られるN値として、今までどおり試験を行うことも値を使うこともできそうですが、

でも、そのうちどこかの誰かが新しいN値なんてのを使い始めたら、なんだか訳のわからないことになりそうです。

まあ、日本じゃだれも使わないかな?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

ありがとう!
by お名前(必須) (2016-06-15 10:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0