So-net無料ブログ作成
検索選択

塩分希釈法による流量観測 [土と水について]

沢の流量観測を行う方法の一つで「塩分希釈法」という方法があります。

Q9_02流量測定塩分希釈 のコピー.jpg

岩場などで流れが安定しないところで、沢の流量観測をするときに用いられます。

一定濃度の塩水を、観測箇所の上流側で流し、電気伝導率の変化(塩水の希釈)により流量に換算します。

精度的にはイマイチなところもありますが、工夫すればそれなりに納得のいく値を得ることができます。

必要となる機材は、1.簡易水質計、2.バケツ、3.塩水2L位、4.ストップウオッチ、これだけあれば何とかなります。

塩水投入直後から5秒ごとに電気伝導率の変化を読み取っていくのですが、最近の水質計は自動記録モードが備わっているものが多いので、この機能を使うとかなり効率よく精度のマシな観測ができます。

それなりに測定者の熟練度を求められる観測方法です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ロッカ ラスミラ

塩分希釈法を卒論の参考にしたが、発電伝導率により流量に換算すると書いてあるが。どうやって換算するのかを書いていただくと、もっと助かります。
by ロッカ ラスミラ (2017-01-23 16:06) 

ロッカ ラスミラ

塩分希釈法を卒論の参考にしたが、発電伝導率により流量に換算すると書いてあるが。どうやって換算するのかを書いていただくと、もっと助かります。
by ロッカ ラスミラ (2017-01-23 16:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。